医療脱毛において気を付ける点

医療脱毛はエステティックサロンの脱毛に比べるとエネルギーが高いのでその分痛みもあります。でも痛みが有る方が効果があると言えるのかもしれません。
なのでエステを経験している人が医療脱毛をした時、痛みはある程度想像がつくから大丈夫 と思っていても、医療脱毛の痛みに耐えられなくなる人も少なくないようです。


ただ、病院やクリニックのいいところは医療機関なので麻酔が使用できるのです。
塗るタイプだったり、笑気麻酔だったりを 使用できるので痛みに弱い女性には嬉しい設備があるところも多いのです。でも、全ての病院、クリニックにあるわけではないのでその辺は注意して調べてから施術を受けてください。


またせっかく医療脱毛をしているつもりだったのにエステティックサロンで使用している機械と同様だった、といことにならないようにきちんと調べてからしなければもったいないです。

また、予約をしておいたけど急に行けなくなったときなどにキャンセル料が発生する場合もありえます。これは病院やクリニックが同じ施設や併設する施設内でエステの機械を導入して、エステティシャン(お医者様や看護師でない人)が施術をしている場合です。


お医者様や看護師でない人が施術するため医療脱毛ならでは強いエネルギーで細胞を破壊することができないのです。

もちろん何かあったときにすぐ近くにお医者様がいるということはエステティックサロンに比べて安心かもしれませんが、使用している機械や施術するのは医療従事者なのかどうかも確認しておくことはとても重要な点なのです。

せっかく高いお金を支払ってもエステティックサロン並みの脱毛施術しか受けられないのであれば行く意味がまったくありません。


なので行く時はいろいろと調てたから行くようにした方がいいと思います。













Copyright (C) 2014 医療脱毛において気を付ける点 All Rights Reserved.